老眼を予防する方法があった!視野がクリアになる

近くが見えにくくなったら

目

加齢に備えた習慣づくり

老眼は、目のレンズにあたる水晶体という部分が年齢とともに薄くなることによって、近くのものにピントが合いづらくなることで起こります。生活習慣による影響も受けますが、基本的に加齢によって進行するため、程度の差はあっても誰もに起こる症状です。手元作業から目を離して壁の時計を見た時、ピントが合うのに時間がかかるなど、40才を過ぎたあたりから老眼になっていることを自覚するケースが多いのではないでしょうか。生活に支障を出さないためには老眼鏡をかけるのが最も効果的な対策となりますが、予防のためにできることはたくさんあります。一番簡単なのは目の焦点距離を変える回数を意識して増やすことです。手元作業をしたり文字を読んでいるときに、意識的に窓外の風景を数秒眺めるだけでも効果があります。デスクワークの方で、作業場所を変更できる状況であれば、視線を動かすだけで外の風景が見える位置に移動するのは有効です。また、強く瞬きを繰り返したり、視線を大きく動かすのも目の筋肉の刺激になって老眼の予防効果があります。窓の四隅などを利用して、首を固定した状態で視線を大きく回す運動は効果があります。眼球をそれぞれの方向に限界まで動かすことを意識しましょう。これは老眼の予防ばかりでなく、視力回復の効果もありますので、年齢に関わらず習慣としておきたいところです。サプリメントを使うことも考えられます。症状に応じて効果的な成分を含んだサプリメントが手に入る時代ですので、一度医者に相談するなどして自分に合ったものを選んで利用していきましょう。予防の意識付けが早いほど老眼の進行は遅らせられます。

Copyright© 2018 老眼を予防する方法があった!視野がクリアになる All Rights Reserved.