老眼を予防する方法があった!視野がクリアになる

自分の目に合う眼鏡を使う

眼科

目の酷使と疲労を防ぐ

老眼は、瞳の中にある毛様体という筋肉の衰えと水晶体の弾力の低下によって生じます。物を見る時、毛様体が水晶体の厚さを調節します。そのため、毛様体が衰えてしまうとピントを調節することができません。また、水晶体の弾力が失われていると柔軟なピント調節ができません。老眼を予防するためには、毛様体の衰えを防ぎ水晶体の弾力を維持することが大切です。毛様体の衰えや水晶体の弾力の低下は老化によって生じます。近年はスマホ等の普及により若い世代でも老眼になる方が増加しています。1つの物を同じ距離で見続けるなどの目の酷使も筋力や弾力の低下に繋がります。目の酷使を防ぐことが老化の予防には効果的です。目を酷使しないためには、自分の視力や目の状況に合った眼鏡を使うと良いです。自分に合った眼鏡を使えば、目を酷使したり無理な状況で物を見続けることはありません。特に仕事でパソコンを長時間使用する方などは、知らぬ間に見え辛い状況で酷使をしているかもしれません。視力に不安はなくても、定期的に眼科に行き視力等を調べてもらうのも良いでしょう。また、すでに眼鏡を使っている方も度が進み、合わない状況になっているケースもあります。眼科で視力の測定をしてもらい、自分に合った眼鏡に定期的に合わせてもらうことも老眼の予防には重要です。自分の目に合った眼鏡を使って目の使いすぎと疲労を予防すれば、今ある目の能力を維持していくことができるのです。

Copyright© 2018 老眼を予防する方法があった!視野がクリアになる All Rights Reserved.