老眼を予防する方法があった!視野がクリアになる

目

近くが見えにくくなったら

老眼は加齢で目のレンズが薄くなることで誰にでも起こる症状であるが、予防の意識を持つことでその影響を小さくすることが可能。簡単なところでは目の焦点距離を頻繁に変える、毎日の眼球の運動を心がけるだけでも進行を遅らせることができる。若いうちから予防の意識を持っておくことが望ましい。

女性

ブルーベリーが良い

老眼を予防するために良いのが、ブルーベリーといわれています。その理由は、ブルーベリーにはアントシアニンが含まれており、それは目に栄養を与えながら老眼になるのを抑える働きがあるのです。しかしアントシアニンの効果は24時間です。

目

注意すべき日常の習慣

長時間スマホを見たり視力に合わないメガネやコンタクトを使用したりしていると、眼球に負担がかかっていつの間にか老眼になります。老眼を予防したいなら、眼球に負担をかけない生活を若いときから心がけることが大切です。

眼科

自分の目に合う眼鏡を使う

老眼を予防するためには、目の酷使と疲労を溜めないことが効果的です。目を酷使しないためには、定期的に眼科を受診し視力や目の状態を診てもらうことが良いです。眼鏡が必要な場合は自分の目に合うよう作成された物を使い、無理のない状況で物を見ることが大切です。

レディ

毎日できる取り組み

眼球が年を重ねて老化すると老眼になります。老眼のアンチエイジングには、眼球を回して毛様体筋を鍛えるトレーニングが効果的です。さらに眼球疲労などに効果的な栄養を食事からとるようにすれば、より高く老眼予防ができます。

本の字が見えなくなる前に

レディ

目を休ませる時間をつくる

40歳を過ぎたあたりから、近くのものが見えにくくなった、ぼやけて見えるようになったという人も多いでしょう。「もしかして老眼かも」と思いつつ、認めたくない気持ちにもなるものです。 視力が良い人は老眼になりやすいという話もありますが、必ずしもそうでもないようです。老眼には個人差があります。また生活環境によってもなりやすさ・なりにくさがあります。つまり予防することも(遅らせることも)可能なのです。 そもそも老眼は、老いによる目の筋肉の衰えから、いわば目のピントが合わせづらくなっている状態のことを言います。小さな文字が見えにくくなった、本を読むときに遠ざけるようになったという状況があれば、もうすでに老眼の入り口に入っているのです。 さて、肝心の予防法ですが、まずは目を休ませる時間をつくることです。スマホやパソコンばかりを見ていると目は疲れてしまいます。例えば、パソコンを1時間操作したら、10分休憩するといった具合に意図的に休憩する時間をつくってみましょう。 また、近くのものばかり見ずに遠くを見る時間をつくることです。遠くの山や風景などを見るのが効果的ですが、近くにそんな場所はないという人も、例えば1メートル離れた場所にあるものを見るようにするだけでも随分と違います。 目の周りの筋肉をほぐし血行をよくするのも老眼予防には効果的です。美容室の熱い濡れタオルのように、目の上に乗せてリラックスする時間もつくってみましょう。 今の時代、老眼予防は30歳代からしておいた方が良いです。自分の目をいたわる時間をつくってみましょう。

Copyright© 2018 老眼を予防する方法があった!視野がクリアになる All Rights Reserved.